駅付近のアコムむじんくんでお金借りる!
アコムの審査で知っておきたいこと!必ず借りたい人は要チェック

アコムの審査で知っておきたいこと!必ず借りたい人は要チェック

アコムのキャッシング審査で不安に思うこと

リスト 【アコム】無人機に行かなくても大丈夫!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
アコム急ぎ借り入れ
アコム公式ページ

思い返してみると、初めてキャッシングを利用する際には、いくつかの不安要素がありました。例えば、審査、利息、返済、個人情報・・などといったあたりが、不安を募らせるキーワードになってくるかと思われます。

しかしながら、お金を借りるという以上、今挙げたようなキーワードは必要不可欠な事であり、アコム審査のようなキャッシングを利用するうえで決して避けては通れない道なんですよね。なので、あまり気にせずにとりあえず申し込みに行った方が、悩み事が解消していいと思いますよ。

そんななか、個人的に一番気がかりだったのが、審査に要する時間です。即日融資を期待していた私にとって、この点は非常に重要なポイントで、あまりにも長引くようであれば、利用しなかったかもしれません。が、実際には、審査に要する時間は最短で30分。事実、私もそれくらいの時間で見事に審査合格の通知を受けることが出来たのでした。

このように、キャッシングの審査は非常にスピーディに結果が通知されるので、この点に不安な気持ちを抱いている方は、是非参考にしてみてくださいね。お金を必要としている人からすると、その日のうちに全てが完了するのは、非常にありがたいことです。

最近のアコム審査のようなキャッシングはそのあたりの需要に応えるべく、申し込みや審査が随分と簡素化されているので、本当に助かります。

>>《スマホ》から24時間OK!今すぐ借りたいならアコムで申込み!


アコム無人機検索

その場でカードが受け取れるアコムの自動契約機


アコム審査のようなキャッシングをしたくてもカードが自宅に郵送されてしまうことで同居人にキャッシングをしていることをバレてしまうのではと危惧している方も多いと思います。そのような場合は自動契約機を利用することでカードを郵送ではなくその場で受け取ることができます。

またその場でカードを受け取れるということはすぐにキャッシングを行なうこともできるため、急いで現金が必要な方も自動契約機からのカードの受け取りが便利です。

アコム審査のような自動契約機では申し込みからカードの受け取りまですべて行なうこともできますが、その場合には本人確認書類や借り入れ金額によって収入証明書が必要になることもあるのであらかじめ用意して行きましょう。

また審査を行なっている間に待ち時間が発生することもあるため、周囲の目が気になるという方やなるべく滞在時間を短くしたいという方はあらかじめネットなどを使って申し込みや審査を済ませておくと便利です。

とくに現金が必要なわけでもなく口座振込でアコム審査キャッシングを利用したいという方は、カードが無くてもキャッシングを行なうことができる消費者金融も存在するため、他人にバレずにキャッシングを行なう方法は時代の流れとともに増えてきていると言えます。

アコムの35日ごとの返済にメリットはある?


アコム審査キャッシングの返済日は原則毎月1回来ます。返済日は、契約者が任意に設定できる場合や、金融機関側の指定した日または数日の中から選択できる場合もあります。また金融機関によっては、35日ごとに返済できるところもあります。この35日ごとの返済にはメリットがあるのでしょうか?

答えは、アコムの無利息サービスを受ける場合を除いて、ほとんどメリットはありません。なぜなら35日ごとというのがミソで、1ヶ月あたり4,5日ですが、数年単位で見れば返済期間が確実に伸び、支払う利息の総額が増えるからです。

例えばアコム審査では、悪く言えば30日間の無利息サービスを適用してあげる代わりに、一括返済できなければ長い間利息を支払って下さいと言っているわけです。もちろん毎回ぎりぎりの35日ごとに返済する必要はありません。前回の返済から15日でも返済はできます。ただし早く返済しても次の返済日は確実に35日後に来ることを忘れてはならないのです。

それに35日ごとの返済は、ATMで返済するのが原則です。返済期日の数日前にメールで返済日を知らせてくれるサービスがありますが、うっかり忘れてしまうこともあります。カードローンで一番やってはいけないことは遅滞することです。

年20%ほどの遅延損害金を支払うこともバカらしいですし、今後増枠申請にも影響が出ます。ですから毎月1回口座振替で返済するのが一番確実です。

短期間のキャッシングでも気になる利息


アコム審査のようなキャッシングを考えている人がまず気になってしまうのが利息なのではないでしょうか。キャッシングには必ず利息をつけて返済しなくてはならないため、なるべく利息の低いところから借り入れを行ないたいというのは誰しもが思うところです。

しかし短期間の借り入れを行ないたい場合には利息ばかりを気にしていると逆に不便になってしまう場合もあります。アコム審査のような消費者金融や銀行カードローンのキャッシングは日割り計算で利息が加算されていき、一日ごとに利息が増えていく仕組みになっています。

ただし利息が加算されていくとはいえ上限利息が法律で定められているため一日ごとに加算される利息額は多くはありません。消費者金融に比べると銀行カードローンの方が利息が低いため、利息だけを見るとどうしても銀行カードローンの方が魅力的に見えますが、短期間の借り入れであれば一概にそうとはいえないこともあります。

アコム審査のような消費者金融が行なっている無利息期間などを上手に利用することができれば、銀行カードローンよりもむしろ消費者金融の方がお得になるケースもあります。

キャッシングは利息だけにとらわれず、借り入れ額や利用期間などから自分に合った金融機関を選ぶようにしましょう。

キャッシングの本人確認とは?何を用意すればいい?


アコム審査のようなキャッシングの申込者の中には、たまに他人名義で申し込む方がいます。その多くは家族の名前を使用しますが、アコム審査キャッシングは本人以外の方と契約することができません。審査の段階で、本当に本人の申し込みか確認するために、本人確認は行われます。本人確認は、主に電話確認と書類提出によって行われます。

キャッシングに申し込むと、申告した連絡先に電話がかかってきますので、そこで担当者から本人に関する質問が行われます。声の調子や答え方に不自然な点があると、担当者も慎重に審査を行います。特に問題ない場合には、申込内容の確認へと進み、在籍確認後に本人確認書類の提出を行います。

本人確認書類は、運転免許証、パスポート、健康保険証、在留カード等であり、郵送、画像データ、自動契約機、FAX等で提出することができます(FAXは偽造書類を見分けにくいため、キャッシング会社によっては使用できない場合があります)。本人確認書類は身分証明書ではなく、キャッシング会社によって使用できる書類が異なりますので、申込前に各社の公式サイトで確認しましょう。

運転免許証、パスポートであれば、どの会社でも使用できます。なお、本人確認の連絡先は、自宅だけじゃなくスマホ・携帯電話も指定できます。

キャッシングの限度額設定は途上与信により変わる


アコム審査キャッシングの申込みを行なった時に設定される利用限度額は、信用実績を積み増すことで増えることがあります。銀行と消費者金融では事情が異なりますが、特に消費者金融では貸金業法で規定されている総量規制を徹底遵守する必要があるので、常に一定間隔で借入総額を確認する義務があるわけです。

途上与信として最低でも3ヶ月に1度は利用限度額見直しを含めた与信審査が行われているので、ある日突然利用限度額が引き下げられているというケースが出てきます。毎日更新される借入と返済の残高情報は、指定信用情報機関に確認すればすぐに判明するでしょう。

年収の1/3を超える恐れがある場合には、利用限度額はそのままであっても利用可能額が減っていることで気が付きます。利用限度額の見直しは契約内容の変更を伴うことがあるので、総量規制に抵触するかどうかの素早い判断が必要となる場合には、利用可能額を調整するこで速やかな規制を行えるようになっているわけです。

銀行カードローンでは、返済能力の確認重視ですから、他社を含めた借入額が急速に伸びていない限りは途上与信により利用限度額が急に増減することは少ないでしょう。利用限度額アップを行なう場合には、増額インビテーションが自動的に届きます。

キャッシングの申込み方法はインターネットが主流になりつつある


キャッシングの申込み先として、窓口申込みが減っていることは誰もが感じている所でしょう。アコム審査のような大手消費者金融では、店舗営業を本社以外は大半を閉鎖していて、自動契約機コーナーに申込み機能を移転しています。インターネットとスマートフォンが急速に普及したことから、インターネット経由で全ての申込み手続きが完了出来るWEB完結申込みを採用している会社が増えました。

WEB完結申込みならば、本人確認書類と収入証明書のアップロードをスマートフォンのカメラ機能から容易に行えるので、金融業者としても手続きが行いやすくなっています。自動契約機コーナーでは、リアルタイムに対応を行わなければならないので、インターネット経由の申込みが増えた方が金融業者としてはマイペースで処理出来る分だけ効率的な審査が可能です。

外部の審査会社も使いやすくなるので、アコム審査の自動契約機コーナーの設置数を増やすよりも、インターネット経由での申込件数を上げるようスマートフォン向け専用アプリを開発するなどの工夫を行なっています。

中小消費者金融は自動契約機コーナーを全国展開するだけのコストをかけられないので、窓口営業とインターネット経由での申込みの2本立てが主流となる状況です。